ニュース・トピックス

ニュース・トピックス 詳細

オークネット総合研究所
~車の使用、所有に関する消費者意識調査 結果レポート

 2019年6月5日

 情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都港区/社長:藤崎清孝/URL:http://www.aucnet.co.jp/)は、「車の使用、所有に関する消費者意識調査」と題したアンケート調査を実施致しました。以下、その回答結果についてご報告致します。

1.アンケート結果概要

■車の使用手段としてのサブスクリプションの認知度は24%。
車の使用手段の認知度を確認したところ「レンターカー」は98%、「カーシェア」「カーリース」が78%の認知度であったが、車のサブスクリブション(定額制)の認知度は24%とまだ広く浸透していないことが判明した。

■車を所有せず毎月定額の使用料を払って車を使用することに約30%は抵抗がない。
車を所有せずカーリースやサブスクリプションのような毎月使用料を支払い車を使うことには約30%が抵抗感がない、あまり抵抗感がないという回答であった。

■使用していない車を他人に貸して使用料を得る個人間カーシェアについては
86%が抵抗感があると回答。

使用していない車を他人に貸して使用料を得る、いわゆる個人間カーシェアについては51%が抵抗がある、35%がやや抵抗があると86%が否定的な回答となった。ただし車の使用頻度が週2~3回以下の場合は肯定的回答が20%に上がり、地域別にみると東京都は33%が肯定的な回答であった。

■今後、車の所有にこだわらないという回答は約30%。
今後も車を所有し続けるかとの質問に対し、全体では29%は「所有にこだわらない」という回答であったが、地域別で東京都では「所有にこだわらない」との回答が64%と高い比率となった。

2.実施概要
調査方法:インターネット上から回答
調査期間:2019年5月17日(金)~2019年5月28日(火)
回答数:1,630人




3.アンケート結果レポート
オークネット総合研究所では、「車の使用、所有に関する消費者意識調査」を実施した。

□まず車の使用手段の認知度を確認したところ「レンタカー」は98%、「カーシェア」「カーリース」はともに78%の認知度であったが「サブスクリプション(定額利用)」の認知度は24%と車の使用手段としてのサブスクリプションの認知度はまだまだ低いという結果となった。


□次に「車を所有せず毎月決まった金額を支払って車を使用することに抵抗はありますか」との設問に対し、約30%が所有に拘らず「カーリース」や「ザスクリプション(定額利用)」のような使用手段に抵抗がないという回答であった。


□ただし、ほぼ毎日車を使用する場合は定額利用のような使用手段に77%が抵抗感があるものの車の使用頻度が少なくなるに従って、定額利用のような使用手段に肯定的な回答比率が高くなっている。

□次に「所有している車を使っていない時、使用料を受け取り他人に貸すこと(個人間カーシェアリング)に抵抗ありますか」の設問に対し86%が抵抗があると回答している。 ただし前問と同様、車の使用頻度により抵抗感がないという回答比率が上昇している。

□また東京都、愛知県、大阪府の大都市地域在住者の回答を比較すると、東京都在住の回答者は個人間カーシェアリングへの抵抗が小さく、逆に愛知県在住の回答者は個人間カーシェアリングに対する抵抗が大きいことが判明した。

□最後に「今後も車を所有し続けますか」との設問に対し約30%は必ずしも所有に拘らないという回答であった。

また「ほぼ毎日車を使用する」回答者の場合は約8割が車の所有にこだわるのに対し、「週2~3回以下の車の使用をする」回答者の場合は41%から76%が必ずしも車の所有にこだわらないという結果となった。

特に東京都在住の回答者は約3分の2の64%が「必ずしも所有にこだわらない」との回答であった。

4.アンケート結果レポート
1.所有されている車の種類をお答えください。

2.その車の購入方法をお答えください。

3.1週間の中で車を使用するのは何日くらいですか。

4.車の使用手段で以下の方法を知っていますか。

5.車を所有せず毎月決まった金額を支払って車を使用することに抵抗はありますか。(個人向カーリースや定額利用サービス)

5-2.同じ質問を回答者の車の利用頻度で集計。

6.所有している車を使っていない時、使用料を受け取り他人に車を貸すことに抵抗ありますか。(いわゆる個人間カーシェアリング)

6-2.同じ質問を回答者の車の利用頻度で集計(個人間カーシェアへの抵抗感)

6-3.同じ質問を回答者の居住地で集計(個人間カーシェアへの抵抗感)

7.今後も車を所有し続けますか。

7-2.今後も車を所有し続けますか(回答者の車の使用頻度別回答で集計)

7-2.今後も車を所有し続けますか(回答者の居住地別で集計)

本調査に関する詳細はこちら

<オークネット総合研究所 概要>
当総合研究所は、1985年に世界初の中古車TVオークション事業をスタートし、以来30年にわたりオークションを主軸とした情報流通サービスを提供するオークネットグループが運営。これまで培った実績とネットワークを活用し、専門性、信頼性の高い情報を発信することで、更なる業界発展に寄与することを目指しています。

所在地:〒107‐8349東京都港区北青山二丁目5番8号 青山OMスクエア
理事長:佐藤 俊司
U R L:http://www.aucnet.co.jp/aucnet-reseach/

——————————————–
<本件に関するお問合せ>
株式会社オークネット 総合企画室:土屋 貴幸、吉岡 基樹
TEL:03-6440-2530  E-MAIL:request@ns.aucnet.co.jp

※本資料を利用される際は、オークネットにご一報の上、提供元を「オークネット総合研究所」と明記して、ご利用ください。



ニュース一覧へ