ニュース・トピックス

ニュース・トピックス 詳細

 

オークネット バイクオークション 2020年4月成約排気量別ランキング

2020年5月18日

 情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都港区/代表取締役会長CEO:藤崎 清孝 代表取締役社長COO:藤崎 慎一郎)は、2020年4月度のオークネットバイクオークションにおける成約台数を集計し、排気量別ランキングベスト5をまとめました。
 当ランキングは、全国約4,500店のバイク販売店が、オークネット バイクオークションを利用し、ご成約頂いた車両について、排気量別に分けて集計したものです。

<50cc~125ccクラス コロナで若者が>


コロナ影響のため、一人で気軽に遊べる原付車と云うことで若者を中心に安い原付車を購入してヒマをつぶすケースが見られるようになってきました。これが大きな輪になって需要拡大につながれば、若者回帰のきっかけになる可能性もあります。今のところ、相場に大きな変化は見られず、輸出銘柄も弱含みが続いています。

<250ccクラス 2スト取扱店が増加>


2サイクルロードスポーツ車人気が続いています。NSR250R(ホンダ)、RZ250(ヤマハ)、R1-Z(ヤマハ)など、まだまだ玉数は少ないものの利益が確保できる商品として取り扱いを始めるショップも増えています。2サイクルの新車を知らない世代が購入するケースも増えています。

<400ccクラス CB400 Super Four (ホンダ)の平成10年代は10万円台で>


このクラスの王者SFシリーズは今月も安定した強さを見せています。現行車は価格も高騰していることもあり、最初から中古車で選択するユーザーも多く、このクラスではショップも安心して販売できる代表格になっています。平成10年代~20年代が中心で、平成10年代は10万円台が多くなっています。

<401ccクラス スーパースポーツクラスは今後とも貴重品か>


スーパースポーツクラスは、CBR1000RR(ホンダ)、YZF-R1(ヤマハ)などを中心に人気は高いですが、出品車は平成20年前後から平成10年代が多く、高年式車はまだまだ少ないです。平成20年代後半から新車価格の高騰と予約販売制が強化されたことで市場への供給量が減少しており、今後とも出回る玉数は少ないまま推移しそうです。

 今後もオークネットでは、モーターサイクル市場での成約ランキングのほか、様々な注目度の高い情報を発信して参ります。


オークネット バイクオークション排気量別成約ランキング

【株式会社オークネット 会社概要】

■社名
■本社
■代表者
■創業年月日
■資本金
■連結売上高
■連結従業員数
■株式

: 株式会社オークネット
: 東京都港区北青山二丁目5番8号 青山OMスクエア
: 代表取締役会長CEO 藤崎 清孝、代表取締役社長COO 藤崎 慎一郎
: 1985年6月29日
: 1,729百万円 (2019年12月31日現在)
: 19,672百万円(2019年12月期)
: 664名(2019年12月31日現在)
: 東証第一部(証券コード:3964)

■本件に関するお問い合わせ————————————————-
株式会社オークネット 総合企画室 高野 清司、久野 文彦、伊藤 慶子
TEL : 03-6440-2530 MAIL : request@ns.aucnet.co.jp



ニュース一覧へ