ニュース・トピックス

ニュース・トピックス 詳細

中古車査定アプリ『サテロク』の査定サポート機能強化
第三者検査機関AISの検査データからAIで修復歴判別アシスト

 2018年11月30日

 情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤崎清孝、以下「オークネット」)は、中古車事業者向けに提供している車両査定・登録アプリ「サテロク」を順次機能強化します。2018年12月上旬より修復歴判別アシスト機能を追加いたします。

■車両査定・登録アプリ「サテロク」のAIによる修復歴判別アシスト機能について
 「サテロク」とは、中古車事業者の査定業務サポート、そしてワンストップで中古車流通プラットフォーム「オークネオステーションハイパー※1」へ情報連携する機能を備えたアプリです。
 この度機能強化したのは、第三者検査機関AIS※2の検査データを利用した修復歴判別アシスト機能(AI Assistant)です。査定スキルの向上やお役立ち情報として、年間84万台以上の中古車検査実績のあるAISの検査データからAIを利用して車種別にダメージの多い箇所を表示し、その箇所の事例を紹介しています。



■その他近日予定の追加機能
・オークション取引実績に基づく流通価値検索機能
プライシングのお役立ち情報として、オークション取引実績検索が可能です。
(一部会員店様のみご利用可能です。)

・より簡単なグレード判別サポート機能(一部輸入車から開始し、順次取扱車種を拡大)
査定する車両の正確な情報登録のサポートとして、車検証QRコードからの一括情報入力後、車両の特徴選択によるグレード判別サポートに文字情報に加え画像情報を追加することで、よりグレードの判別がしやすくなります。

 今後も中古車事業者の皆様の下取査定・仕入から、換金・販売までの一連のプロセスをトータルサポートするサービスの向上を目指してまいります。

■サービス基本情報
・利用料金  オークネット会員の方は無料でご利用いただけます。
・対応機種   iOS(iOS10以降。iPhone6、iPad4以降対応)、Android(5.0以上 ※一部機種除く)

※1 オークネオステーションハイパーとは
オークネット会員が利用可能な、オークション・共有在庫市場・ライブ中継オークション・一撃市場等で仕入換金できる中古車流通プラットフォーム。

※2 第三者検査機関AISとは
オークネットが設立した中古車検査専門会社です。現在はトヨタ・ホンダ・日産・マツダ・スバルの各メーカー系中古車事業会社が出資しており、中古車取引に欠かせない「信頼の証」として、業界スタンダードとなっています。30年以上にわたり、累計1,000万台以上の検査で培ったノウハウを活用し、全国約180名におよぶ認定検査員が300以上の項目を徹底的にチェックする体制が敷かれています。

■サービス窓口
株式会社オークネット 商品・流通企画部   担当者名:栗原・本田
TEL:03-6440-2201   サービス詳細⇒ https://www.aucnet.co.jp/car/ans/

【会社概要】
社名:株式会社オークネット
本社:東京都港区北青山二丁目5番8号 青山OMスクエア (〒107‐8349)
代表者:代表取締役社長 藤崎清孝
創業年月日:1985年6月29日
資本金:1,672百万円 (2017年12月31日現在)
連結売上高:194億円(2017年12月期) 
連結従業員数:590名 (2017年12月31日現在)
株式:東証第一部(証券コード:3964)

■本件に関する報道関係者様からのお問い合わせ
   株式会社オークネット 総合企画室  土屋 貴幸・久野 文彦・伊藤 慶子
TEL:03-6440-2530  MAIL:request@ns.aucnet.co.jp



ニュース一覧へ