ニュース・トピックス

ニュース・トピックス 詳細

オークネット バイクオークション 9月成約排気量別ランキング

2017年10月18日

情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都港区/社長:藤崎清孝)は、2017年9月度のオークネットバイクオークションにおける成約台数を集計し、排気量別ランキングベスト5をまとめました。
当ランキングは、全国約4,400店のバイク販売店が、販売プロセスの一環であるオークネットバイクオークションを利用し、ご成約頂いた車両について、排気量別に分けて集計したものです。

<50cc~125ccクラス PCX(ホンダ)の評価0点車が16万円>

50ccクラスのスクーターは、今一歩の値付けが目立ちました。1~2万円前後の車両が多く厳しい一方で、125ccクラスは、PCX125(ホンダ)の評価0点車が16.8万円まで跳ね上がるなど輸出も絡んで活況を呈しています。スーパーカブ110(ホンダ)の評価2点車が6.0万円まで伸び、リード125(ホンダ)の評価2点3万Km車も13.4万円を付けるなど非常に高いモデルも目立ちました。

<250ccクラス スクーターも上物は値上がり気味>

全体的には堅調な相場を見せるモデルが目立ちました。フォルツァMF10(ホンダ)の評価0点車が6.8万円、同じくスクーターのジェンマ(スズキ)が評価3点中下※ 8万Kmでも10.0万円を付ける堅調傾向でした。250TRの評価3点中中※ 、3千Kmで13.2万円、グラストラッカー(スズキ)は評価3点車で9.0万円とこちらも下げ止まりしています。輸出では、CM250T(ホンダ)の評価1点車が13.8万円と驚きの高相場でした。

<400ccクラス 販売状況にスライド状態>

主役のCB400SF(ホンダ)は、相変わらず応札が多くH20年以降の車なら30万円前後が依然として中心、走行が2万Km以内だと人気に拍車が掛かります。新型のスポーツモデルは、値幅が非常に大きいので要注意です。アメリカンスポーツタイプは、シーズンオフに入りつつあり、希望価格に届かないケースが目立ちます。イントルーダー400(スズキ)のH25年評価4点中中※ 3.6千Km車は45万円と堅調な相場でした。

<401ccクラス 玉数不足状況が更に強まる>

高年式車は、非常に相場が高値安定型の特徴があります。W800(カワサキ)は評価0点車ながら23.8万円と高値でした。MT01(ヤマハ)もH20年の評価4点上中※が80.6万円の高値で成約し、絶版車人気の一つに入っています。YZF-R1(ヤマハ)も相変わらずの高値で、10年落ちH19年の黄色、7千Kmが71.4万円と驚きの高値です。引き続き玉数不足が続いており、特にスーパースポーツクラスは新車でも玉数不足状況が続いていることから、中古車も下げるどころか、上昇相場がしばらくは継続しそうです。

走行距離の前に表示している「*」マークは、走行距離減算車。

*評価について
「総合・外装・機能」の順番で表記。
・総合:10段階評価、(9~0点)
・外装:5段階評価、(優・上・中・下・劣)
・機能:5段階評価、(優・上・中・下・劣)

今後もオークネットでは、モーターサイクル市場での成約ランキングのほか、様々な注目度の高い情報を発信して参ります。

171018_bikerank

■本件に関するお問い合わせ————————————————-
株式会社オークネット 総合企画室 土屋 貴幸、伊藤 慶子、吉岡 祐二
TEL : 03-6440-2530 MAIL : request@ns.aucnet.co.jp



ニュース一覧へ