ニュース・トピックス

ニュース・トピックス 詳細

オークネット ブランドオークション 9月成約ランキング

2017年10月18日

情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都港区/社長:藤崎清孝)は、2017年9月度のオークネットブランドオークションにおける成約点数および成約金額を集計し、ランキングベスト5をまとめました。
当ランキングは、全国約1,500店のブランド業界会員店様がオークネットブランドオークションを利用し、ご成約頂いた商材について集計したものです。

海外バイヤーからの活発な取引続く。オークション相場は堅調に推移。

前月に引き続き出品点数が増加傾向に有り、活況でした。相場は、全体的に大きな変動がなく手堅い水準での動きでした。買いが非常に強く、海外からの応札も増えており、この傾向は当面続くものとみられています。

<時計>高額商材はやや軟調

前月と比較すると大幅に出品点数を増加しました。前月から好調のオメガ シーマスターとコンステレーションは成約点数を増やしランキングを上げました。一方スピードマスターは、前月とほぼ同じ成約点数でしたが、ランキング入りしませんでした。ロレックスなど高額商材の成約はやや軟調です。その他ブランド別では、グッチの各タイプが成約点数を大きく伸ばしました。

<バック>海外バイヤーからの応札増

今月も引き続き堅調な相場で成約平均単価、成約率においては前月とほぼ同じ結果となりました。ブランド別では、ルイ・ヴィトンは出品点数が前月比で約3,000点増え成約点数も大幅に増加しました。成約率も約3ポイント上昇して安定しています。その他ではシャネル、エルメスはやや成約率を下げましたが、成約平均単価は上昇しました。海外バイヤーからの応札もさらに活発となり、今後の動向が期待されます。

<貴金属>トップはティファニーのダイヤモンドネックレス

前月から引き続き低~中価格商材のオークション相場は堅調に推移しました。また最終のオークションではルースダイヤからブランドものまで幅広い活発な応札が入り、今年一番の成約平均単価となりました。ランキングトップはティファニーの7.6mmダイヤモンドネックレスで、116万円で成約しました。

<ルース(裸石)>4.532ctダイヤモンドルース455万円

前月は高額品では厳しい結果でしたが、今月は高額商材にも活発な応札が入り、ルース全体の成約平均単価も前月比で約2万円上昇しました。成約数も今年最高の6月の成約点数と同じ成約点数となりました。ランキングは、4.532ctのダイヤモンドがトップです。内容はJカラー VS-1 GOOD 評価点Cが455万円で成約し、久々に大きなダイヤモンドの取引となりました。

今後もオークネットは、ブランド品の成約ランキングのほか、様々な注目度の高い情報を発信して参ります。

171018_brandrank

※評価は、当社の判定基準に基づいたものです。
S:未使用・非常に良い状態のもの
A:状態の良い目立たない使用感のもの
B:標準的な使用感・機能面で問題ないもの
C:一般的な使用感のあるもの、汚れ等があるもの
D:使用感が強く目立つ汚れが確認できるもの

<本データに関しては、提供元としてオークネットという企業名を記載の上でご自由に御利用ください。>

■本件に関するお問い合わせ————————————————-
株式会社オークネット 総合企画室 土屋 貴幸、伊藤 慶子、吉岡 祐二
TEL : 03-6440-2530 MAIL : request@ns.aucnet.co.jp



ニュース一覧へ