ニュース・トピックス

ニュース・トピックス 詳細

中古車TVオークション 5月度成約車種別ランキング

2011年6月15日

情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都千代田区/社長:藤崎清孝)は、 2011年5月度のオークネットTVオークションにおける、成約台数を集計し、タイプ別ランキングベスト10をまとめました。
当ランキングは、全国7,000店の中古車販売店が、販売プロセスの一環であるオークネットTVオークションを利用しご成約頂いた車両について、国産乗用車・軽自動車・輸入車に分けて集計したものです。

国産車部門では、コンパクトカーが上位を占める傾向が強かったですが、5月はコンパクトカー以外の車種も上位にランクインしてきました。2位のクラウン (トヨタ)は、1位のフィット(ホンダ)に続き、出品台数が全体の2位。また、依然としてコンパクトカーの人気は高く、成約率ポイントで3位のヴィッツ (トヨタ)と 8位のウィッシュ(トヨタ)が50ポイントを超える結果を出してきました。

軽自動車部門では、ワゴンR(RR)(スズキ)がダントツの出品ポイントで1位を獲得。成約率ポイントでは、3位のタント(ダイハツ)が47ポイント、ルークス(日産)が70ポイントという高い成約率となりました。

輸入車部門では、1位にBMW3シリーズセダン(BMW)、2位にVWゴルフ(フォルクスワーゲン)となりました。3位のBMW5シリーズセダン (BMW)は輸入車部門の出品ポイントで1位、10位のベンツSクラス(メルセデスベンツ)は2位でした。また、5位のアウディA4アバント(アウディ) は成約率が50ポイント、8位のBMWミニクーパー(BMW)は44ポイントとなっています。

東日本大震災の影響により高まっている軽自動車の需要に加え、国産車、輸入車を問わずコンパクトカーや乗用車の需要が高まり、新車販売が停止している車 種についても引き合いが強くなっています。自動車メーカーの生産見通しが立ち、販売網の復旧も進む6月、7月のこれからは、中古車市場の大きな変化も予想 される注目の月となりそうです。

今後もオークネットでは中古車市場での成約ランキングのほか、様々な中古車に関して、注目度の高い情報を発信して参ります。

※尚、本データに関しては、提供元としてオークネットという企業名を記載の上でご自由に御利用ください。

本件に関するお問い合わせは 株式会社オークネット
経営企画室 広報担当 宮崎・榊原
TEL:03-3512-6140 MAIL:request@ns.aucnet.co.jp



ニュース一覧へ