ニュース・トピックス

ニュース・トピックス 詳細

オークネット バイクオークション9月成約排気量別ランキング

2013年10月17日

情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都千代田区/社長:藤崎清孝)は、 2013年9月度のオークネットバイクオークションにおける成約台数を集計し、排気量別ランキング ベスト5をまとめました。
当ランキングは、全国3,700店の二輪販売店が、販売プロセスの一環であるオークネット バイクオークションを利用し
ご成約頂いた車両について、排気量別に分けて集計したものです。

250ccクラスは、新型ロードスポーツの普及が非常に早まっているため、人気のあった旧型スポーツ需要が減少しているのが見られます。このため、相場の展開も同じように、新型車中心に大きく移行しています。
しかし、新型系の相場も上限は決まっているため、比較的ブレの少ない相場になっています。
XL ディグリー(ホンダ)には輸出業者からの応札が多く入り、相場も高値を付けています。
全体としては、上位は今月もビックスクーターが独占し、お手頃な中古車として人気を博しています。

400ccクラスは、250ccクラスとは異なり、マルチ系のネイキッドが幅を利かせているため、市場に 流通不足の状態が続いています。特に、カワサキZRX系、ゼファー系が全く衰えず、異例なまでの相場展開を見せています。
連動してヤマハXJR系も相場が上っており、非常に驚かされます。
また、気温が高いためか、ドラッグスター400(ヤマハ)やシャドウ400(ホンダ)といったアメリカンスポーツの動きが良いようです。

401cc以上のクラスは、大型車の動きが非常に活発で、特に高年式車や高額車、人気の輸入車に応札が多く見られます。
先日も300万円を超えるハーレダビッドソンCVOが、共有在庫市場で成約。
スーパースポーツクラスにも強い応札が入っています。
昨年までとは大きく異なる動きで、しばらくは期待が大きいところです。
アベノミクスの影響か、高額車の動向が上向いている、との声が多く聞かれるようになっています。

9月は全体的に、高い相場を保ったままでの推移が続いています。
気温が平均的に高く店頭での賑わいが衰えていことで、市場での流通玉確保が続いているようです。
今年は例年とは異なる活況を見せつけているようです。

今後もオークネットでは、二輪車市場での成約ランキングのほか、様々な二輪に関する注目度の高い情報を発信して
参ります。

※尚、本データに関しては、提供元としてオークネットという企業名を記載の上でご自由に御利用ください。

本件に関するお問い合わせは 株式会社オークネット
経営企画室 広報担当 町井・金井・降旗
TEL:03-3512-6140 MAIL:request@ns.aucnet.co.jp



ニュース一覧へ