ニュース・トピックス

ニュース・トピックス 詳細

オークネット 中古バイクオークション 11月成約排気量別ランキング

 2016年 12月 28日

 情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都港区/社長:藤崎清孝)は2016年11月度のオークネットバイクオークションにおける成約台数を集計し、排気量別ランキングベスト5をまとめました。
 当ランキングは、全国4,000店の二輪販売店が、販売プロセスの一環であるオークネットバイクオークションを利用し、ご成約頂いた車両について、排気量別に分けて集計したものです。



<250ccクラス>  ビッグスクーターに久々の買い

 弱いところが目立つビッグスクータークラスですが、11月に入り、好調な相場動向となりました。マジェスティSG20Jの4点車/3.3千Km/白が30.8万円まで値を付け高額成約となっています。同3点車/茶色は1.8万Kmで14万円、フォルツアZの4点車/1.1万Km/黒で12.2万円と、10万円超える車両が続出しました。しかし、マグザの500Kmでも24万円からのスタートで応札無しという結果になりました。



<400ccクラス>  SFは幅広く買い入る

 注目は今月もSFシリーズです。H21年5万Kmでも希望18万円を大きく超えて27.2万円まで値を付けたものを始め、H16年/1.2万Km2点車でも23.4万円まで買われるなど好人気が続いています。店頭在庫としての人気も高くなっています。付随して、ZXRやゼファー、XJRなどもしっかりした価格となりました。



<401ccクラス>  小売連動でしっかり

 小売が動きに連動し、堅調な相場を付ける車両が目立ちました。CB1300SFSB/ABSのH21年/1.7万Kmの4点車はシルバーでも58.4万円まで値がつきました。ゼファー1100もH4年物、1点車で39.0万円の高値をつけています。ニンジャ1000のH26年物/5点車は87.6万円としっかりした相場を見せています。ボーナスシーズンを迎えて消費者からの問い合わせが増加する傾向が見られました。

 今後もオークネットでは、モーターサイクル市場での成約ランキングのほか、様々な注目度の高い情報を発信して参ります。

10bike

※本データに関しては、提供元としてオークネットという企業名を記載の上でご自由に御利用ください。

■本件に関するお問い合わせ  ————————————————————
株式会社オークネット 経営企画グループ 広報担当  藤崎 真弘・降旗 佳奈枝・佐藤 秋佳
TEL:03-6440-2530  MAIL:request@ns.aucnet.co.jp



ニュース一覧へ