ニュース・トピックス

ニュース・トピックス 詳細

 

オークネット バイクオークション 8月成約排気量別ランキング

2019年9月13日

 情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都港区/社長:藤崎清孝)は、2019年8月度のオークネットバイクオークションにおける成約台数を集計し、排気量別ランキングベスト5をまとめました。
 当ランキングは、全国約4,500店のバイク販売店が、オークネット バイクオークションを利用し、ご成約頂いた車両について、排気量別に分けて集計したものです。

<50cc~125ccクラス  PCX(ホンダ)バラエティに富んでも人気維持>


トップランナーのPCX(ホンダ)は年数、走行、玉数ともに大幅な増加傾向が続いています。このために、相場観はバラエティに富んでおり、高値一辺倒という以前の姿は全く見えません。一桁台の車両も増して、買い易さも増えて成約率も高くなっています。それでも高年式車の人気も相変わらずあり、10万円台後半の玉も多くあります。事故車人気も絶えず、絶対的な王者と云えそうです。

<250ccクラス 中心は現行ロードスポーツか>


2気筒ロードスポーツ全盛期を迎える中、2サイクルスポーツなどの一部旧車を除くと、その他のモデルの人気が冴えない相場が続いています。あれほど動いたビッグスクーター勢は、良質な玉が減少した影響もあり、一桁台が当たり前、一桁台前半の玉数が増加しています。原付二種に人気を奪われている影響も強くあります。

<400ccクラス 玉数が豊富なDS400(ヤマハ)だが>


夏場の影響かもしれませんが、このクラスの落札台数が最も多かったのがドラッグスター400/C(ヤマハ)になっています。それほど人気が高いというわけでもなく、相場がかなりこなれてきたことがリスクを減らしており、これが販売店から支持されている面が強いようです。一桁台から、10万円台が中心で、店頭での売りやすさも十分にありそうです。

<401ccクラス 次年度モデルが与える影響は>


リッタークラスを中心としたこのクラスですが、非常にモデル数が多く、更に海外ブランドが加わるので、一段と相場観が難しい状況が展開されています。中には、昨日相場があっても今日は全然なくなっているモデルもあり、出品側も落札側も神経を使うことになります。海外勢では、この時期に次年度モデルが登場するため、型落ちとなる車両の出品などの相場への影響にも注意が必要です。

 今後もオークネットでは、モーターサイクル市場での成約ランキングのほか、様々な注目度の高い情報を発信して参ります。


オークネット バイクオークション排気量別成約ランキング

【株式会社オークネット 会社概要】

■社名
■本社
■代表者
■創業年月日
■資本金
■連結売上高
■連結従業員数
■株式

: 株式会社オークネット
: 東京都港区北青山二丁目5番8号 青山OMスクエア
: 代表取締役社長 藤崎 清孝
: 1985年6月29日
: 1,711百万円 (2018年12月31日現在)
: 194億円(2018年12月期)
: 677名(2018年12月31日現在)
: 東証第一部(証券コード:3964)

■本件に関するお問い合わせ————————————————-
株式会社オークネット 総合企画室 土屋 貴幸、久野 文彦、伊藤 慶子
TEL : 03-6440-2530 MAIL : request@ns.aucnet.co.jp



ニュース一覧へ