ニュース・トピックス

ニュース・トピックス 詳細

オークネット、中古ブランド品事業者向け仕入・換金Webサイトをリニューアル
~時計、バック、貴金属宝石等、約1万点以上の商品を一括検索~

2019年4月17日

 情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤崎清孝、以下「オークネット」)は、2019年4月17日より中古ブランド品事業者向け仕入・換金サイトを全面リニューアルいたします。

 オークネットは、時計、バック、貴金属、宝石、美術品等を取り扱う事業者向けに、毎週開催のリアルタイムオークションや入札式オークションによる競りと、店頭に商品を置いたままいつでも業販できる共有在庫「AUC BRAND MALL (オークブランドモール)」という3つの仕入・換金サービスを提供しています。※これまでは購入する場合、競りと入札をそれぞれ別の画面で検索する必要があり、利便性に課題がありました。そこで毎回約9,500点あるオークションと、常時約2,500点掲載されている共有在庫を一体化し、約1万2千点の商品の中から検索できるブランドオークションWebサイトをリニューアルしました。また検索や見やすさに配慮した画面デザインへ改良し、出品手続きも、スマホやタブレットで撮影した写真から登録が可能になりました。そして掲載写真も最大24枚まで増やしたことで、手間のかかる出品手続きの簡素化や商品情報も拡大しました。
 そして香港、米国、カナダ、東南アジア、ヨーロッパ等、200社を超える海外バイヤー向けに日本語と英語の切り替え機能を加え、時差に関係なく24時間取引できる環境にしました。また多店舗展開している事業者向けに、グループ内に限定した商品流通を可能にするなど、大幅に機能強化しました。

 今後もサービスの利便性を追求し、国内や海外における中古ブランド品事業者の皆様に安心で便利なサービスを提供していきます。

※ オークネットが提供する中古ブランド品事業者向けサービスとは
オークネットは1985年に世界で初めて現物を見なくても中古車の取引を可能とした「中古車TVオートオークションシステム」を開始し、その後バイク、花、中古デジタル機器とオークションビジネスを展開。中古ブランド品のオークションは2008年より開始し、現物を見ないで取引を可能にするノウハウをもとに、真贋、検査、品質評価の仕組みを確立し、安心した業者間の流通取引を実現。会員数1,697社、年間出品数約43万点、年間取扱高99億円(2018年実績)の情報流通プラットフォーム。

 

■ブランドオークション リニューアルキャンペーン
【キャンペーン期間】2019年4月17日~5月31日
【特典】オークブランドモール取引手数料 半額

■サービス窓口
株式会社オークネット コンシューマープロダクツ事業本部   担当者名:飯田
TEL:03-6440-2488   サービス詳細⇒ https://www.brand-auc.com/

【会社概要】
社名:株式会社オークネット
本社:東京都港区北青山二丁目5番8号 青山OMスクエア (〒107‐8349)
代表者:代表取締役社長 藤崎清孝
創業年月日:1985年6月29日
資本金:1,711百万円 (2018年12月31日現在)
連結売上高:194億円(2018年12月期)
連結従業員数:677名 (2018年12月31日現在)
株式:東証第一部(証券コード:3964)

■本件に関する報道関係者様からのお問い合わせ
株式会社オークネット 総合企画室  土屋 貴幸・久野 文彦・伊藤 慶子
TEL:03-6440-2530  MAIL:request@ns.aucnet.co.jp



ニュース一覧へ