ニュース・トピックス

ニュース・トピックス 詳細

 

当社社員がデフリンピック※ サッカー日本代表に決定 ~東海林 直広選手 壮行会を開催~

2017年6月30日

情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤崎清孝、以下「オークネット」)の社員 東海林 直広(人事総務部)は、2017年7月に開催される「第23回夏季デフリンピック競技大会」サッカー競技の日本代表に決定しました。また6月28日に壮行会を社内で開催しましたので、お知らせします。

■東海林選手のコメント
この度、デフリンピックサッカー競技に選出され、大変嬉しく思います。デフリンピックは聴覚障害スポーツにおいて最高峰の世界大会と言われており、その大会に出ることが一つの誇りにもなります。これまでサッカー競技はグループリーグで1勝も出来ていないという苦い思いがあります。今大会こそ、価値ある勝利を取り、予選突破を成し遂げたいです。応援のほどよろしくお願いいたします。

shoji

■東海林選手 壮行会概要
実施日時:2017年6月28日(水)18:30~20:00 (第一部 セレモニー、第二部 交流会)
実施場所:本社会議室
参加者:オークネット社員 58名、一般社団法人 日本ろう者サッカー協会 理事 田口昌弘様

<社員の応援メッセージを記入した横断幕を東海林選手に贈呈>

20170630_Sokokai

■東海林 直広選手 プロフィール
【氏名】東海林 直広(ショウジ ナオヒロ) 【生年月日】1992年8月26日 24歳
【出身地】北海道 【所属】コーポレート部門 人事総務部 【ポジション】MF 【背番号】3
【主要戦績】ろう者サッカー男子日本代表初選出、ろう者フットサル男子日本代表キャプテン
第1回アジア太平洋ろう者フットサル選手権大会 4位(1得点)
第3回世界ろう者フットサル選手権大会 14位(6得点)
第7回アジア太平洋ろう者競技大会 3位(6得点)
第2回アジア太平洋ろう者フットサル選手権大会 2位(7得点)
第4回世界ろう者フットサル選手権大会 7位(3得点)

※ デフリンピックとは
聴覚に障がいのある、ろう者の4年に1度開催される国際総合競技大会です。1924年に設立された国際ろう者スポーツ委員会が運営組織となっています。参加資格は、補聴器をはずした裸耳状態での聴力損失が55デシベルを超え、各国のろう者スポーツ協会に登録している者とされています。選手同士が耳の聞こえない立場でプレーするという公平性の観点から、競技中の補聴器の使用は禁止されており、足下のライトの点灯でスタートを知らせたり、わかりやすく旗を振ったりするなど、各競技それぞれで視覚を使った競技運営が行われています。
第23回夏季デフリンピック競技大会(サムスンデフリンピック2017)は、2017年7月18日から30日までの期間で、トルコ・サムスンにおいて開催し、21の競技で行われる予定です。

全日本ろうあ連盟スポーツ委員会:http://www.jfd.or.jp/sc/samsun2017/

大会公式HP:https://www.deaflympics.com/

■本件に関するお問い合わせ————————————————-
株式会社オークネット 総合企画室 土屋 貴幸、金城 良実、伊藤 慶子、吉岡 祐二
TEL : 03-6440-2530 MAIL : request@ns.aucnet.co.jp



ニュース一覧へ