ニュース・トピックス

ニュース・トピックス 詳細

オークネットバイクオークション9月成約排気量別ランキング

 2015年10月16日

 情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都港区/社長:藤崎清孝)は、2015年9月度のオークネットバイクオークションにおける成約台数を集計し、排気量別ランキングベスト5をまとめました。当ランキングは、全国4,000店の二輪販売店が、販売プロセスの一環であるオークネットバイクオークションを利用し、ご成約頂いた車両について、排気量別に分けて集計したものです。

 250ccクラスは、スクーターを含めて新旧の入れ替えが著しいようです。売れ筋は完全に新型に傾いており、相場も同様な動きになっています。但し、新型車は相場が高く競り合う場面が多いので利益確保が難しいとの声も多く聴くようになっています。オフロード系も、相場の上下が大きく注意が必要です。輸出も絡んでくるだけに相場観が定まらないのが痛いようです。

 400ccクラスは、全体的に、アメリカンスポーツの小売が芳しくないとの声が多く、相場にも影響しているようです。特に、大型車は程度が良くても応札が減っています。中型車クラスでも、しっかりとしたアピールポイントが必要で、これが有ると無いとでは価格差が大きくなるようです。400ccマルチスポーツは、出品台数が少なく、特に高年式車は貴重な存在になっています。

 401ccクラスは、リッタークラスの高年式車は、出品車両不足感が強まっています。この傾向に引っ張られる形で低年式車まで高い指値を入れている出品店が見受けられますが、これには無理があるようです。高年式車は、「新車を購入したほうが良いのでは」と考えてしまいがちですが、その新車が無いから困ったものです。ハーレーは、下がってきたとは言えまだまだ高値安定型の動向が続いています。

 オークションは、ここ5年以内に発売された新型車に人気車が集中する一方、ビッグスクーターや旧型スポーツ車は相場が下がるという、完全な二極化が進んでいます。このために、人気車は高くて落札できず、旧型車は相場が立たないという異常までの状態が展開されています。1リッタークラスの大型スポーツは、新車の入荷が制限されていることから、この影響が中古車にも波及し、一部に異常相場が続いています。店頭に並べたいモデルは高くても揃えたいが、新型車が投入されてもマーケットに出回る中古車は少ないのが現状で、しばらくはこの状態が展開されそうです。

20159 オークネット成約排気量別ランキング5

  20159月開催のバイクオークションより集計)

2015 9

※尚、本データに関しては、提供元としてオークネットという企業名を記載の上でご自由に御利用ください。

本件に関するお問い合わせは   株式会社オークネット

経営企画室 広報担当 藤崎(真)・降旗・佐藤(秋)

  TEL:03-6440-2530  MAIL:request@ns.aucnet.co.jp



ニュース一覧へ