オークネット総合研究所

オークネット総合研究所TOP

オークネット総合研究所について

オークネットグループは、1985年に世界初の中古車TVオークションから事業をスタートし、以来30年にわたり、最新のテクノロジーを活用した「最適なシステム」、知識・経験に裏付けられた「運営ノウハウ」、 現物を見なくても安心して取引ができる「情報の信頼性」の3要素を軸に、情報流通サービスを提供してきました。顧客満足度の高い情報流通取引を行うためには、 市場のニーズを的確に把握することが必要です。また、 真摯にこのサービスを追求し続けてきたからこそ知り得る、我々にしか提供できない情報もあります。オークネット総合研究所は、そういった調査研究や専門性の高い情報提供を行うことを目的に、 2001年1月、グループ内研究機関として設立されました。 私どもは、研究所の活動を通じ、更なる業界発展に寄与していくことを目指していきます。

 

主な活動内容

・オークネット既存事業に関する調査レポ―ト   ・その他業界貢献に関する調査研究    ・オークネット事業支援

 

デジタルプロダクツ分野別コラム

「  ~世界の中古スマートフォン流通市場の実態を探る~」

2017年11月14日  第15回:国内における中古スマートフォン流通、その後の動向(2) ~国内における中古スマートフォン販売の課題~

2017年10月31日  第14回:国内における中古スマートフォン流通、その後の動向(1) ~端末買取り市場は今後一段と拡大を見せる~

2017年3月31日  第13回:中古スマートフォン国内流通の健全化に向けた動きと課題

2017年2月15日  第12回:デバイスのデータ消去や管理に関する実態と課題

2016年12月6日  第11回:新しいフェーズに入ったMVNOビジネスにおける端末が果たす役割

2016年8月8日  第10回:アンケート調査から、わが国の中古スマートフォン市場を展望する

2016年7月13日  第9回:海外に大量輸出されていく中古スマートフォンを追いかける

2016年4月22日  第8回:中古スマートフォンのデータ消去と流通端末のトレーサビリティ(2)

2016年4月5日    第7回:中古スマートフォンのデータ消去と流通端末のトレーサビリティ(1)

2016年2月26日    第6回:国内中古スマートフォン流通活性化につながる情報流通政策の動き

2016年1月27日    第5回:わが国におけるスマートフォン修理をめぐる動向

2015年12月8日  第4回:中国における中古スマートフォン取引の実態

2015年11月17日  第3回:中国における中古スマートフォン市場の存在

2015年10月27日  第2回:香港の中古スマートフォン業者オークションの実態

2015年10月5日  1回:中古スマートフォンの流通経路に迫る ~価値があるのはiPhoneのみ~

 

デジタルプロダクツ分野 フェロー 木暮 祐一 (こぐれ ゆういち)

私たちの身の回りにはデジタル機器があふれ、その多くが日常生活を送るために欠かせないものとなっています。
PC、スマートフォン、タブレット、ウェアラブル端末…挙げていけばきりがありません。特にスマートフォンをはじめとするモバイル端末の分野は、ライフスタイルの変化とともに、ますます市場が拡大しています。更に、SIMロック解除の義務化、第三者修理解禁、MVNO市場拡大などを背景に、中古市場の発展も見込まれます。
消費者にとって選択肢が増えることは喜ばしいことですが、不完全なデータ消去による情報漏洩や劣悪な再生品の流出など、注意も必要です。当研究所では、オークネットグループが持つ情報力と、私自身の知識・経験をもとに、スマートフォンなどのモバイル端末に関する最新情報や事例、市場拡大に伴うリスクと対処法の紹介など、様々な情報発信を行ってまいります。